夜に行うウォーキングダイエットで必ず注意しておく2つの事

更新日:

引き続き、「1か月で確実に痩せるダイエット方法」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

夜に行うウォーキングダイエットで必ず注意しておく2つの事

ダイエットは「食事」と「運動」のバランスが必要不可欠です。どちらかに偏るのは、あまりオススメできません。ダイエットで不健康になっては意味がありませんし、無理な痩せはリバウンドに繋がるので本末転倒になります。

今回は「運動」という面にスポットを充てて考えていきたいと思います。ダイエットの運動として多くの人が取り組んでいるのが「ウォーキング」です。道具も必要なく誰でも気軽に始めることができるので支持が高いのです。

スポンサーリンク


このウォーキングダイエットですが、基本的に朝行うのがベストだといわれていましたが、最近は夜に行う方法も注目されているようです。それは一体何故でしょうか?調べてみることにしました。

夜に行うウォーキングダイエットで必ず注意しておく2つの事

まず、朝の朝食前に有酸素運動のウォーキングをすることで体内の脂肪を効率よく燃焼させることができます。そのため、ダイエット目的でウォーキングをするならば朝活として取り入れたほうが断然良いのです。

ところが最近は夕食を摂り終えた後に行うウォーキングも、ダイエットにも健康にも良いということが言われるようになりました。

スポンサーリンク


1日仕事で疲れているのに運動なんかしたら余計シンドくなってしまうと考える人が多いのではないでしょうか?そういった気持ちは分かりますが、実は逆なんです。

夜にウォーキングをすることで、1日中同じ姿勢で仕事をしていた人が疲れと感じる血流の悪さを改善してくれます。これが起こると、身体の隅々にまで血がいきわたりますので肩こりも改善されますし、拾うも回復し心地よい睡眠をとることができるのです。

夜に行うウォーキングダイエットで必ず注意しておく2つの事

では夜に行う場合にはどんなところに注意すればよいでしょうか?

まず、時間は夕食後1時間ほど置いてから行います。これは消化器官が落ち着いてからのほうが脂肪燃焼をしやすくなることと、消化途中に無理に動くと腹痛の原因になるからです。

また寝る直前にウォーキングをしてしまうと、交感神経が活発状態になるので身体が興奮して眠りづらくなってしまいます。これでは健康的な生活を送ることができなくなるので、寝る前にウォーキングをすることは避けたほうが良さそうです。

そして朝のウォーキングに比べて夜は30分程度で終らせておくのが理想です。夜は副交感神経の働きが活発になるので激しい運動をしてしまうと、上手く機能をしなくなってしまいます。その点に注意して、夜のウォーキングを行いましょう。

 

引き続き、「1か月で確実に痩せるダイエット方法」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-ウォーキングで痩せよう

Copyright© 1か月で確実に痩せる「最強のダイエット方法」をご紹介 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.